テクムセの呪い


 テクムセの呪い(Tecumseh's curse)は、第9代アメリカ合衆国大統領ウィリアム・H・ハリソンの肺炎による死去から始まるアメリカ合衆国大統領への一連の出来事の原因とされる呪いである。


 この呪いは、部族の領土を白人に奪われ、1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたインディアン部族、ショーニー族の酋長テクムセによるものとされる。その「呪い」は20年ごとに選ばれる大統領の死を呪ったものといわれる。いくつかの資料では、テクムセが死んだとき彼の母親が呪いをかけたとされるが、確固たる証拠はない。また一連の出来事が「インディアンの呪い」によるものとする明瞭な出所もない。

 1840年から1960年までの間に20で割り切れる年に選出された大統領は皆、在職中に死去している。(参考として、その期間以外の20で割り切れる年に選出された大統領も記す)

[1800年]トーマス・ジェファーソン、任期満了、退任17年後の1826年死去。

[1820年]ジェームズ・モンロー、任期満了、退任6年後の1831年死去。

[1840年]ウィリアム・H・ハリソン、1841年4月4日に肺炎で死去。

[1860年]エイブラハム・リンカーン、1865年4月14日に暗殺された。

[1880年]ジェームズ・ガーフィールド、1881年7月2日に暗殺された。

[1900年]ウィリアム・マッキンリー、1901年9月14日に暗殺された。

[1920年]ウオレン・G・ハーディング、1923年8月2日に心臓発作で死去。

[1940年]フランクリン・ルーズベルト、1945年4月12日に脳溢血で死去。

[1960年]ジョン・F・ケネディ 、1963年11月22日に暗殺された。

[1980年]ロナルド・レーガン、1981年3月30日に暗殺未遂、任期満了、退任15年後の2004年死去。

[2000年]ジョージ・W・ブッシュ、いくつか事故があったが任期満了、存命中。

 ロナルド・レーガンは1980年に選出されたが、直後の1981年3月30日に暗殺未遂に遭いながらも、2期8年の任期を全うした。また、2000年に選出されたジョージ・W・ブッシュも、2期目の2005年5月10日にグルジアで演説中に手投げ弾を投げ込まれたが不発に終わり、2期8年の任期を全うして現在も存命中である。ブッシュはこの他にも、2002年にプレッツェルを食べている最中に失神、こん倒し顔に傷を負うが窒息は免れた。また、任期満了直前にイラク人記者に靴を投げつけられるも、うまくよけて無傷であった。このため、いわゆる「テクムセの呪い」による大統領の不慮の死は、単なる偶然という結論になった。だが、未だに「テクムセの呪い」を信じる人は多い。ロナルド・レーガンについては、暗殺未遂事件において彼が銃弾を受けながらもわずか1インチの差で生き残ったことで、「テクムセの呪い」は確かにあり、それが破られたと考える人たちもいる。また一方、病院が近くに無ければ彼は死んでいたと考える人たちもいる。暗殺を免れ任期を全うしながらもレーガンは1994年にアルツハイマー症と診断され、彼が暗殺事件で死ななかったため呪いがレーガンを苦しませたと信じる人たちもいる。レーガンは大統領選出の約四半世紀後、2004年に死去した。

 いくつかのキリスト教団体は「呪い」を真剣に考え、1980年のレーガン大統領および2000年のブッシュ大統領が災厄から守られるように祈願した。1920年以来、同様の団体が同様の祈願を行っている。そのうちの一つ「アメリカの仲裁者」Intercessors for Americaは1980年の「戦争祈願」で呪いを破ったと信じている。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ