ケネディ家の呪い


 ケネディ家の呪い(Kennedy Curse)とは、ケネディ家の人々を襲う一連の悲劇を指してしばしば使われる言葉である。


 ケネディ家に次々と起こる不幸を、ある人々は「呪い」と呼ぶ。一族の数人は普通の死に方をしておらず、そのうち最も有名なのはジョンとロバートで、二人はそれぞれ1963年と1968年に銃で暗殺された。ジョンJrは1999年に妻と義姉と共に飛行機事故で死亡した。

 こうした呪いの存在は次のような反論も受けている。つまりこれらの悲劇の多くは、あらかじめ避けることもできた無謀な行い(飲酒運転、万全と言えない状態での飛行機の操縦、とりわけ軍人や政治家のような比較的危険な職業を選んだこと)によって起こされたというのである。ケネディ家の記録からそうした事件を取り除いたならば、あのような大家族にありがちな、癌や流産など、普通の年譜と同じようになるだろうというわけである。またさらに、呪いという考えは迷信であり、不安を煽ってネタを作るマスメディアによって作られ助長されたものだと言う者もいる。

 呪いを信じる者は一般に、一族の不運の証拠として次の主だった事件を挙げる。

1941年 ローズマリー・ケネディは知的障害だと考えられていた。しかしいくつかの証拠によると、彼女は鬱病のような精神疾患に罹っていた。彼女の暴力性と気分障害が悪化したため、父のジョセフは秘密裏に、ロボトミー手術を彼女に受けさせた。この手術は彼女の認知能力をさらに損い、結果として、彼女は2005年に没するまで施設で過ごすことになった。

1944年8月12日 ジョセフ・P・ケネディ・ジュニアは第二次大戦中、イギリス東部で危険な飛行任務に従事している最中、飛行機の空中爆発で戦死した。

1948年5月13日 ハーティントン侯爵夫人キャスリーン・キャヴェンディッシュは飛行機事故によって同伴者の第8代フィッツウィリアム伯爵ピーター・ウェントワース=フィッツウィリアムと共にフランスで死亡した。

1956年8月23日 ジャクリーン・ブーヴィエ・ケネディは娘アラベラを死産した。(赤ん坊に名前は無く、アーリントン国立墓地にて両親の隣に「娘」と記され葬られた。その後の調べで、ケネディ夫妻は彼女にアラベラと名付けるつもりだったことが分かった。)

1963年8月9日 パトリック・ブーヴィエ・ケネディは6週間ほど早産で生まれ、2日後に死亡した。

1963年11月22日 アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディはテキサス州ダラスでリー・ハーヴェイ・オズワルドに暗殺された。

1964年6月19日 アメリカ合衆国上院議員エドワード・ケネディは飛行機事故に遭い、補佐官とパイロットが死亡した。エドワードは同僚の上院議員バーチ・エヴァンズ・バイ2世によって機の残骸から引き出され、負傷した背中、気胸、肋骨骨折、内出血を治療するため数週間入院した。

1968年6月6日 ロバート・ケネディはカリフォルニアでの民主党の大統領予備選挙に勝利した直後、ロサンゼルスでサーハン・ベシャラ・サーハンに暗殺された。

1969年7月18日 エドワード・ケネディの運転する自動車がマーサズ・ヴィニヤードに架かる橋から転落し、同乗していたマリー・ジョー・コペクニが溺死するというチャパキディック事件が起こった。7月25日に彼はテレビで「事故の夜、何らかの恐ろしい呪いが本当に全てのケネディ一族に降るかかるのか、疑問に思っていた」と述べた。

1973年8月13日 ジョセフ・パトリック・ケネディ2世の運転する自動車が事故に遭い、同乗者の一人パム・ケリーは麻痺の後遺症が残った。

1973年11月17日 エドワード・ケネディ・ジュニアは12歳にして骨腫瘍のため右足の一部を切除された。

1984年4月25日 デイヴィッド・ケネディはフロリダ州パームビーチのホテルの一室で、ペチジンとコカインの過剰摂取により死亡した。

1991年 ウィリアム・ケネディ・スミスは強姦容疑をかけられ、全ての容疑について無罪となった。

1997年12月31日 マイケル・ルモアーヌ・ケネディはコロラド州アスペンにてスキー事故で死亡した。

1999年7月16日 ジョン・F・ケネディ・ジュニアは飛行機事故で、妻のキャロリン、義姉と共に死亡した。自身で操縦していた軽飛行機Piper PA-32Rが誤操縦によってマーサズ・ヴィニヤード沖の大西洋上に墜落したのである。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ